×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スパイウェアの脅威

スパイウェアとは

 

スパイウェアとは、メールアドレス、本名、住所、電話番号等の個人情報や、どのサイトを見たか、何をクリックしたか、何を入力したか等のパソコンやブラウザの使用履歴を収集し、勝手にファイルを転送したりする目的で作られたソフトウェアのことです。

 

 

 

さて、ウイルスとスパイウェアの違いは何でしょう?それはその目的にあります。ウイルスが、破壊活動をその最終目的としていることに対し、スパイウェアの目的は、経済活動にあります。つまり、いかにユーザに知られることなく、侵入し、いかに長くその経済活動を続けるかを目的としています。

 

 

 

今は少なくなりましたがインターネットにダイヤルアップで接続していた時代に、勝手に国際電話やダイヤルQ2へ接続する「ダイヤラー」というのが流行し被害にあった人も多いのではないかと思います。これも一種のスパイウェアの仕業になります。

 

 

 

では、スパイウェアの被害を防ぐにはどうしたらいいのか?第1に考えることが侵入を防ぐということです。まずOSやWebブラウザのセキュリティパッチは、必ず最新のものをインストールしておくことが重要です。そこを狙って侵入してくるからです。
実際のスパイウェアの被害

 

スパイウェアは、ユーザの知らない間に侵入しスパイ活動を行います。そこで盗んだ個人情報や操作情報などを勝手に特定の相手やスパイウェア作者に転送します。主に悪意のあるスパイウェアは知らないうちにインストールされますが、同意の上インストールされるものもあります。

 

 

 

一般にスパイウェアはウイルスの一種だと思っている人は多いと思います。しかし実際はまったく違った活動をするプログラムです。ウイルスと違うところは、自己増殖機能がないというところです。スパイウェアはユーザに知られずに動作している物が多いのです。

 

 

 

もしスパイウェアが侵入した場合、どんな症状があるのでしょう?有名なスパイウェアに「キーロガー」というのがあります。これは、ユーザのキーボード操作が監視されるので、IDやパスワードなどの情報が盗まれてしまいます。

 

 

 

スパイウェアということで過剰反応せずに冷静に対処することが大切です。スパイウェアを防ぐ方法として、スパイウェア対策ソフトを導入するのが効果的です。そして常に定義ファイルの更新を行い最新の状態を保ちましょう。またOSなども最新のセキュリティパッチをインストールしておくように心がけるといいと思います。
脅威から逃れるために

 

スパイウェアはどんなソフトウェアかご存知ですか?スパイウェアのほとんどはユーザにその存在を知らされることなく侵入し、見えないところで情報収集やファイル転送、設定変更などを目的に作られたプログラムの一種です。

 

 

 

そもそもスパイウェアはウイルスに非常に良く似ていると思われていますが、実際は全く異なったプログラムです。どちらもユーザの知らない間にインストールされるのは同じですが、決定的な違いはウイルスの特徴である自己増殖の機能が無いことです。

 

 

 

パソコンを使用していて動作が不安定になったり、頻繁にエラーが発生する場合は、スパイウェアが侵入している可能性があります。また、目に見えて分かる症状として、タスクバーのトレイに知らないアイコンがある、知らないポップアップ広告が表示されるなどです。

 

 

 

みなさんは、常にOSやWebブラウザは最新のセキュリティパッチを導入していますか?スパイウェア対策に欠かせないことなので必ず実行しましょう。また最近のウイルス対策ソフトにはスパイウェア対策も含まれているので、それを活用するのもいいでしょう。